■台風15号の影響と秋限定商品について

<10/3ご案内>
大変お待たせいたしました。プレミアムモンブラン『HITOMALU』の準備が整いましたので、10月5日(土)より販売を開始させていただきます。1日約50食、12月初旬頃迄の、数量・季節限定販売となります。
<9/28続報>
台風の影響は木に残っていた実にも及び、収穫量は例年の半分程度になりそうな見込みです。
幸い「人丸」は昨年並みの量を確保することができましたので(被害が無ければ大幅な収穫増を見込んでいたのですが・・・)、10月初旬頃より販売を開始させていただきます。
「栗おこわ」は10月中旬頃の販売を予定しておりますが、例年より数量は少なくなる見込みです。

尚、「低温熟成栗」につきましては、今シーズンの販売を中止させていただきます。

 

9月9日、台風15号の影響により、自社農園及び、茨城県全域の栗畑で甚大な被害が発生いたしました。木が折れ、枝が折れ、まだ熟していない多くのイガが青いママ落下。栗菓子、モンブランのメインの原料となる品種「丹沢」は甚大な被害を受け、希少品種「人丸」もほとんどの実が落ちてしまいました。被害の全容はまだはっきりしておりませんが、今シーズンの安定的な原料確保は大変厳しい状況となっております。発売開始時期や今後の商品情報等はHPにて告知させていただきますので、ご不便おかけいたしますが、宜しくお願い申し上げます。

最後に、被災された多くの皆様、未だ被災中の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

和栗や公式HP

日 本 一 栗 の 郷 か ら

生栗、栗菓子、栗おこわ、焼き栗からモンブランまで、

和栗の可能性を追求しつづける、日本で唯一の『和栗専門店』

和栗の魅力はなんといっても上品で繊細な薫りと風味。

その魅力を味わっていただくために、最も重要となるのが栗の鮮度です。

 

茨城県笠間市岩間地方では、のどかな田園風景の至る所に栗林が広がっています。

そんな日本の原風景とも言える豊かな自然環境の中、栗の郷では生産者と加工者が連携し、

新鮮な栗を迅速に、そして適した加工をする努力が重ねられています。

 

和栗やではその栗の郷に約2ha(約6000坪)の自社農園を保有、

栗菓子、モンブランに適した栗のみをオーナー自らが栽培しています

そこは栗菓子、モンブランに適した品種のみを厳選して栽培している特別な栗畑。

2019年現在、まだ苗木・若木が多いのですが、数年後には自社栽培の栗でほぼまかなえるよう、

年々作付け面積を増やしております。

(現在は自社農園の栗及び、同地域で収穫される厳選された栗のみを使用しています)

 

日本の栗(和栗)は、日本人にとってお米よりも付き合いの長い日本固有の作物です。

『和栗や』の製品を通し、一人でも多くの方々に栗本来の美味しさ、魅力を知っていただくこと、

それが『和栗』という文化を未来に残す一助となる事を願っています。

 

和栗や代表/栗・モンブラン職人/栗農家

竿代 信也


和栗や東京(谷中)店

日本で唯一、和栗のみを通年扱う「和栗専門店」

カウンタースタイルの「モンブラン専門店」


ネットショップ

「和栗専門店」の味を全国にお届けします